【ある宇宙の側面からの言葉】

    

そよぐ風には 揺れなさい

風が吹いてきたら 

風になりなさい

日の光が 暖かいと感じたら 

光に なりなさい

そのまま自分を そこに 飛び込ませなさい

冷たい空気が 流れてきたら

その空気に なりなさい

川の せせらぎの音を 聞いたら

川の流れに なりなさい

そしてその中で 自分を 遊ばせなさい

気づかないうちに それが

人を癒していることに なるでしょう

どんな状態にもなれる 自分でいてください

 

 

     

宇宙や地球の変化に 同調するためには

「思い出すだけです」

忘れないでください あなたたち人間も

宇宙の構成要素の 一部です

それらはすべて 全てが常に変化しています

自分で意識して その変化に

合わせることは ありません

自分の呼吸に すなおに従ってください

その呼吸そのものが 宇宙の変化のリズムを

あらわしています

いまあなたは 自然な呼吸をしていると

認識できますね
それがすでに 宇宙の流れと

一緒になっている ということです

とても 簡単なことです

シンプルに 考えてください

自分の意志で 宇宙の流れに 合わせようと思うと

その段階で あなたは

宇宙の流れから はずれて行く ことになります

自然でいてください

できるだけ 自然な自分

自然な流れで いてください

太陽も 月も 地球も 意識して

回りあっている わけではありません

それは 自然な流れのなかで 行われています

    

    

    

地球ですと どうしても 物質が

目に入りやすい 状態なので

自己信頼 自分自身を信頼する という認識が

非常にむつかしく なっています

現状を見ようと するには

物質的な 部分から見るのが

この地球においては 非常に見やすいやりかたです

自分自身の体で 痛いところがないか

かゆいところがないか

自分の体が 自分の意識にとって

すべてが 全ての細胞が同意して

居心地がいいと 言ってくれるかどうかを

一度 感じてみてください

もし あなたの体が 胃も 腸も 内臓も

指の先一本にいたるまで

足の裏の皮一枚に いたるまで

今すべて 満足している

という答えが 出てきた時には

それは あなたが 自分自身を

とっても信頼している

いうことと イコールになります

                   

 TOPページヘ