自己の解放B【ある人への手紙】

     

お手紙拝見致しました。Aさんは今、大変辛い状況の中に身を置か

れていますが、この状態においても、出来るだけ楽に生きていける

様に、心の持ち方について、少しアドバイスをさせて頂きます。心

の持ち方を変えることは、きつい状況の中にいる時は、大変むつか

しい事ですが、それでももし、少しだけでも出来たなら、それだけ

で本当に楽になっていきます。

 

Aさんは今実家に戻られ、ご主人や義父母とは離れて、当分は別々

に住まれるとのこと、従って、今までの辛い体験は、心の中では、

とりあえず今は「横に」置いといてください。これがポイントです。

 

Aさんが今、この瞬間に苦しんでおられるのは、お判りの様に、あ

なたの心の中で起こっていることです。今この瞬間から、少しでも

過去になっている体験は、全てあなたの頭の中の記憶です。また未

来についても同様で、その未来が目の前で現実になるまでは、単に

あなたが想像して心配しているだけのことだからです。

 

つまり今までに、どんなことが起こったとしても、今この瞬間に自

が苦しい、辛いと思っていることは、全て実は、“自分の頭の中の

出来事″であって、実際の体験は過去のもので、今この瞬間にある

のは記憶だけだ、ということです。従って、取りあえず今は、この

“過去の記憶″を変化させることを、やっていきましょう。こうす

ると大変楽になっていきます。

 

現実の状況はそのままで、残したままでいいのですから、脳の今の

記憶だけを変えるのです。多分いつも、夫とか義父母のこととか、

自分の頭の中でああだこうだと、ぐるぐる考えているかと思います

が? これは、“今の自分と⇔記憶している自分″が対話をしてい

る、即ち、自問自答している訳です。

 

この状況のために、落ち込んだり、怒ったり、悲しんだり、恨みに

思ったり、しているかと思いますが? これは、ちょっと考えると

判るように、夫とか義父母には全く関係がなく(何故かというと、

あなたがこの瞬間に、この様に考えているかどうかは、相手は一切

知らないからです)、これは、あなた自身が自分の中で、自分と自

分で争って、戦っていることになるのです。

 

これって馬鹿馬鹿しいことではありませんか? 夫とか義父母には

何の影響もないのに、自分だけが自問自答して苦しんで、馬鹿馬鹿

しいから止めようと思いませんか? このように、自分の自由を奪

って苦しませているのは、実は他人ではなく“自分の心″なのです。

自縄自縛なのです。ですから、これから自由になりたければ、自分

で自分を縛った縄を、自分でほどけばいいのです。そうすると本当

に自由になります。これは実は、一つの悟りなんです。

 

ではどの様にすればいいのか? 自分の心を自由にするには、どう

したらいいのか? 実はこれはすごく簡単で・・何を体験しても、

『まあいっか』これだけです。過去に起こったことは『取りあえず、

今はどうしようもないから、まあいいか』です。次に何か行動すべ

き時までは、このことをただ「横に置いて」「手放して」「忘れる」

それだけです。 

 

でも、横に置いて、手放して、忘れる、これは難しいんですが・・

その通りです。では、これの一番いい方法は何ですか・・それは、

『許して、受け入れる』ことです。ますます難しい・・その通りで

すが、これは何を許して、受け入れるのかです。許して受け入れる

のは、『この出来事に対する、自分の記憶、自分の心』これを許し

て受け入れるのです。自分が自分自身を許して受け入れるのです。

 

他人を許して受け入れることは、難しいとしても、まず自分の記憶

を許して受け入れると、大変楽になっていきます。夫や義父母が何

かしたことに対して、あなたの心が、どう反応しているのか・・楽

しいのか、楽しくないのか・・楽しければそれでいいのです・・ま

あ今回は楽しくないのですが、楽しくなければ、楽しくない心を、

変えればいいのです。

 

全てのことは、自分の視点で見るべきです。それが自分にとって、

いいのか悪いのか、楽しいのか楽しくないのか、楽しくなければ止

める、ただそれだけです。これはその物事に対する、自分の心の反

応です。ですから、自分の心の反応を変える訳です。

 

自分の心が楽しくなくて、夫や義父母のことを悪く思い続けている

と、これは自分の心が楽しくないのですから、これが行き過ぎると、

場合によっては、自分自身が病気になることもあります。人間は否

定的な、ネガティブな心や感情を、あまり長く持ち続けると、病気

を引き起こしたりします。ですからもし、あなたが夫や義父母のこ

とを、悪く思い続けることで、万一自分自身を病気にしてしまった

ら、これこそ馬鹿馬鹿しいことはありません。

 

表現がまずいかもしれませんが、あなたの心の中では、取りあえず

今は、夫や義父母のことは、どうでもいいとして放っといていいの

です。自分が自分自身に病気を作り出さないように、ただ自分が楽

しく生きられるように、出来るだけ何時でも、肯定的なポジティブ

な心と感情を、自分の中に持ち続けることです。ただ自分の心に意

識を当てて、どうしたら元気に生きられるか、それだけを考えてい

くことです。

 

楽しく元気になる方法として、取りあえず三つをご紹介します。

一つ目は、自分自身の心の掃除があります。自分の中の記憶にある

過去の体験を、全て許して受け入れることです。赤ちゃんの時から

今までの、この瞬間までのすべての体験とその記憶を(覚えていな

いことも含め)、全てを許して受け入れることで、それが可能とな

ります。ある出来事の記憶が辛いと思うのは、自分の心の中で、

そのことは、「私にとって辛いことなんだ」として、受け入れてい

ないからです。その自分の中の記憶を自分自身が受け入れたら、

それは「辛いこと」ではなくなります。

 

二つ目は、どんな小さな簡単なことでも、自分の心が楽しくて居心

地がいいように、これが自分の心の居場所だというものを、瞬間瞬

間に作り出し、そこに意識を当てるようにするのです。つまり、嫌

だなと思うことに出会ったとしても、嫌だというのは、実は自分の

心の反応ですから、直ぐに心を切り換えるようにするのです。そう

すると嫌だという心から離れることが出来ます。

 

三つ目は、自分をいつも、楽しいとか喜びとかの肯定的なポジティ

ブな意識に保つようにすることです。肯定的なポジティブな意識や

心は、自分の人生に楽しく幸せな状況を引き寄せますが、逆に、否

定的に生きていると、否定的な状況ばかり自分のそばに引き寄せる

ことになり、なんて私は不幸なんだろう、ということになります。

 

幸せは自分が作り出すものです、自分が引き寄せるものです。この

ように自分を変えていくと、自分の周りに来る人達や、周りの状況

が変って来ます、自分が変わるとそれが出来るようになって来るの

です。是非、自分の人生を、素晴らしい楽しいものに変えていって

ください。これは誰にでも可能です。ただ、自分の心を変えるだけ

のことだからです。

 

冗談でいつも言っていますが・・・

これをするのは無料ですよ、お金は一切いらないんですよと・・・

それをするかしないかは、あなたの人生です、どちらを選びますか!

 

 

前々ページ自己の解放@【ヒーリングと人間とは・T】ヘ

前ページの自己の解放A【ヒーリングと人間とは・U】ヘ


 

TOPページへ