【物理学者の最先端宇宙理論】

 :<英国BBC製作、NHK教育テレビより抜粋>

  

私達の宇宙は、11次元という空間にある 一つの膜(膜状の

もの)である。

この11次元には、平行する無数の膜宇宙が存在し(Parallel

Universe)それぞれ全く違った物理法則を持つ。宇宙の全ての

物質は、このような膜に繋がっていて、私達の宇宙全体が一つ

の膜である。これを、M理論(Membrane膜、Mystery,Magic

意味する単語)と呼ぶ。

 

宇宙の物質を構成する、素粒子は、粒子から出来ているのでは

なく、“ひも”から出来ている。

素粒子の正体は、目に見えない小さな、ひもである。この極め

て小さい、ひもが、あらゆる物質の基礎単位である。

(比喩的には⇒物質は小さなひもから、音楽の様に紡ぎ出され

る。宇宙は目に見えない、ひもが奏でる色々な音〈波動〉から

出来ている)これを、ひも理論(又、弦理論=StringTheory)

と呼ぶ。

 

M理論に関する、物理学会の議論は、始まったばかりであるが

もし、M理論が認められれば、その結果として私達が知ること

は、この宇宙が少しも特別なものではない、ということである。

 

宇宙の11次元は、(その空間にいる)私達の3次元の世界の、

あらゆるポイントから、1兆分の1ミリ、離れた所に存在して

いる。極めて近い距離にあるが、11次元を感じとることは出

来ない。この奇妙な空間に、私達の宇宙の膜が浮かんでいる。

 

世界中の物理学者が、この理論を研究し始めると、いたる所で

平行宇宙が発見され、11次元のすみずみから、膜宇宙がぞろ

ぞろ姿を現わした(数学的に導き出された宇宙)。

 

これらの膜宇宙には:

 ・私達の宇宙と同じ、3次元の膜もある。

・エネルギーのシートに過ぎない、膜もある。

・円筒形の膜、ループ状の膜、交差している膜、ドーナツ型

 の膜もある。

・この11次元には、泡やシートの様な膜をはじめ、様々な

 形態の、ありとあらゆる膜が存在している。

・こうした膜の一つ一つが、私達の宇宙とは少しずつ違った

 平行宇宙である。

 

これらの平行宇宙は:

・私達の宇宙とは、ごく接近しているかもしれないが、私達

は決して気づかない。

・異なった自然の法則が働く、完全な別世界かもしれない。

・全ての宇宙に、生命が存在する訳ではないが、生命の存在

する宇宙もある

・この様な宇宙が、無限にあるなら、文明を持つ宇宙も無限

にある筈である。

・私達の宇宙と、そっくりの宇宙も有るかもしれない、私達

は、そこには居ないが。

 

私達の宇宙は、11次元に無数に漂う、膜の一つに過ぎないの

だ。それぞれ、まったく違った物理の法則を持つ、無数の宇宙

が存在している。

私達の宇宙は、ほかの沢山の宇宙と共存していて、それは、泡

だらけの海に浮かぶ、一個の泡の様なものである。

 

 

これが、世界の最先端にいる、物理学者達の、現時点における

「宇宙とは」についての考え方の様です。

いわゆる、スピリチュアルの、宇宙に対する考え方に、段々と

近づいて来ている様です。

 

 

  TOPページヘ